fc2ブログ
2017-03-08(Wed)

壁芯面積・内法面積

マンションのご購入をお考えの方からご質問がありました。
「広告と登記の面積が違うのですが、詐欺なんでしょうか?」という内容です。

結構、みなさんご存知ではないかもしれません。
実は、マンションのご購入の際に確認するべきポイントでもあります。
※実際、広告表記より登記に記載されている面積は少なく(小さく)なります

【壁芯面積】【内法面積】という考え方があります。
以下に違いとポイントをご説明致します。

【壁芯面積】
・「柱や壁の厚みの中心線から測られた床面積」のこと
・壁や柱の厚みを含む
・建築基準法で建築確認する際は、この壁芯面積を使用
 
【内法面積】
・「壁で囲まれた内側だけの建物の床面積」のこと
・壁や柱の厚みは含まない
・不動産登記法では、この内法面積で測定(登記簿謄本)

【ポイント】
不動産広告で表示(記載)されている面積は、この「壁芯面積」
住宅ローン控除等の優遇を受ける際の面積は「内法面積」

※住宅ローン控除や登録免許税などの優遇を受ける際の(軽減措置の対象は50㎡以上)面積は「壁芯面積」ではなく「内法面積」でないといけません

なので詐欺ではないという結論です!!

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

casahousing

Author:casahousing
大阪在住のファイナンシャルプランナーです。
主に、『お家の購入アドバイザー』として活動しております。
そのほか、

【家計の見直し】
【保険の見直し】
【ぷち勉強会】

等も承ってます。
ご相談は無料ですので、ご興味ある方は是非ご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村