fc2ブログ
2017-05-04(Thu)

頭金について

住宅ローン借入時の【頭金】についてです。
前回、お話致しましたが借入時に充当する【頭金】は多ければ良いということではありません。
手元にある金額をいかに有効に、かつ安心できる材料として扱うかがポイントとなります。
ゆとり資金としての【頭金】が潤沢にあることに越したことはありませんが・・・

人生において、様々な難局を迎えることがあります。
それは1度きりではなく、押し寄せる波のごとく繰り返しの場合もあります。
そんな状況において、自身を手助けしてくれるモノの1つとして【お金】があります。
つまり、手元にゆとりある【資金】を残しておくことが難局に立ち向かえ、心の安心に繋がるのです。
ですので、【頭金】についても必要最低限(総額の1割)充当し残る金額を手元においておくことが1つの手段だと認識して下さい。
では、どれぐらい手元に余裕資金があれば良いのでしょうか?

個人的にはいつも、最低「生活費の3カ月」は手元に残して頂きたいとお願いしております。
なぜならば、失業保険の給付(自己都合)要件が待機期間(7日)+3カ月なのです。
ちなみに一例はサラリーマンの方に対してのアドバイスとなります。
突然の失業などに備えておける準備が必要なのです。
その他にも”結婚/妊娠/出産/育児etc…”が考えられます。

まとめますと、『手元資金にゆとりを持つことの意味』とは

①精神的なゆとりを確保する
②生活スタイルの変化による急激な支出に備える
③もしもの時、生活準備資金としての役割

となります。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

casahousing

Author:casahousing
大阪在住のファイナンシャルプランナーです。
主に、『お家の購入アドバイザー』として活動しております。
そのほか、

【家計の見直し】
【保険の見直し】
【ぷち勉強会】

等も承ってます。
ご相談は無料ですので、ご興味ある方は是非ご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村