fc2ブログ
2017-01-09(Mon)

103万円の壁と130万円の壁

最近、話題になりました【配偶者控除】の引き上げ。
あまりわからない人は、まず違いを理解すれば大丈夫です。
今日は、よく聞く103万円の壁と130万円の壁についてご説明致します。

【103万円の壁】 (給与所得控除65万+ 基礎控除 38万) ※給与所得控除は給与を貰っていることが前提になります。
配偶者(扶養に入る)の年間収入が103万円を超えると

所得税・住民税が科せられる ※厳密には住民税は100万円を超えると課せられます(地域によって差があります)
②配偶者手当(企業から支給されている場合)の停止 ※約7割の企業がこの103万円以内を支給要件としている為

以上のことで、家計に負担が増えないように調整することを《壁》と表現しています。

【130万円の壁】 (130万円以内が世帯主の扶養と認められる範囲)
年間収入が130万円を超えると、世帯主からの扶養が外れます。
外れると・・・

社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料等)が科せられる

その場合の家計に対する負担増は20~30万円程度となります。

先ほどと同じように、家計の負担が増えないギリギリで調整することで《壁》と呼ばれています。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

casahousing

Author:casahousing
大阪在住のファイナンシャルプランナーです。
主に、『お家の購入アドバイザー』として活動しております。
そのほか、

【家計の見直し】
【保険の見直し】
【ぷち勉強会】

等も承ってます。
ご相談は無料ですので、ご興味ある方は是非ご連絡下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村